弊社スタッフのご紹介(高橋龍輝)


クリエイティブ部 ディレクター
高橋龍輝

Webコミックサイトでの受賞経験から昨今の流行をとらえた最新の漫画制作テクニックが高い評価を得ている!モバイルならではのマンガ表現等の知見は社員NO.1。

 


実績一覧


プロフィール

芸大でマンガ表現を学ぶ。在学中には、出版社主催の賞レースで入賞をする。その後、エンタメだけではない広告としてのマンガ表現に興味を抱きトレンド・プロに新卒入社。マンガ編集者・ネームライターとして活躍。論理的に練られたマンガ構成には定評があり、クライアントから指名を受けることも多い。内閣府からの依頼で取材・マンガ構成を担当した薬物防止啓蒙マンガは、「怖すぎる」「薬物って絶対にダメだと思った」「子どもにも読ませたい!」と多くのコメントが寄せられ、ネット上で大きな評判となった。最近では、表現にスキルの求められる縦スクロールマンガの構成を多数手掛けている。